雪山は危険と隣り合わせ

栃木の那須町湯本のスキー場、那須温泉ファミリースキー場の近くで、雪崩が発生した事故。登山の講習中に、高校生と、引率の教員が雪崩に巻き込まれて、犠牲になってしまった。こんなところで話ししていい話じゃないかもしれないけど、本当に心が痛んだ。人ごとじゃない。

県立大田原高山岳部といえば、登山の名門校。登山はあんまりやったことないけど、それでも名前を聞くもんね。だから、知識がある上で起こってしまった事故なんだもんな。リゾートバイトといえども雪山で働くものとして、また、雪山を愛してやまないものとして、なんか、この事故は人ごとじゃなく、かなり心をえぐられてしまう。本当に残念な事故でならないし、同じ山を愛するものとして、本当に考えさせられました。

同じ場所ではないけど、年間のほとんどをリゾートバイトで雪山で過ごしているのに、正直、雪崩ってあったことないんだよね。情報として、過去に雪崩があったとか聞いたことはなくはないけど、それでも被害者が出るほどのことってまだ私は耳にしたことがなくて、ある意味、雪山に行っているってことは雪崩のリスクをずっと背負っているのに、あんまり気に留めたことがなかった。

まぁ、ヤバければ、スキー場とかも閉鎖するしっていう安心感があるからかもしれないけど、イレギュラーなスキー場の使い方があったからにせよ、ほんとに今回の事故で、ちゃんと気をつけないといけないなって心から思った。

捜索活動も、新雪が多いと、雪が舞ってしまって、さらに雪崩を誘発する危険性があるからから、ヘリとかすぐに使えないらしい。パウダースノーって、スノーボーダーにとって、夢のような感触でたまらないものだけど、こんな風に障害になるんだなって思った。確実に今回はスキー場外で起こったことっていうのが、より難しかったんだろうな。スキー場内のものであれば、あれは雪を滑るために圧縮された上でのパウダースノーだから。

何もできないけど、本当に、強く心の中に残しておこうとおもいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする